えっ?!自宅で14日間トレーニングするだけで視力が0.3から1.2に!

 

■  近視と遠視の関係



近視とは屈折異常が原因となる眼の病のひとつです。眼球には、通常調節力のある平行光線が入ってくるのですが、この力がない場合に、画像が網膜上の正しい位置にではなく、もっと手前で焦点を結んでしまうために、起きるものです。この状態を別名近眼とも言います。

ところで、遠視の場合は、屈折機能が遠すぎた場合には対応できないので、遠くのものがはっきり見えないのは当然ですが、逆に、近視の場合は、このような支障は起きないわけです。近視とは屈折異常が原因で、膜や視神経の疾患ではないため、一般的には矯正していれば、視力が低下することはありません。

人は生まれてから20代前半にかけて、眼球が成長します。このために、ほとんど誰でも近視の傾向が出てきて、自分の屈折の状態は変動していきます。たとえば、遠視が強かったひとは、遠視の程度が弱まってきますし、遠視の状態がちょうどいい場合には、成長すると、正視の状態になります。逆に、遠視が弱かった人は、いずれ近視になりますし、遠視がなかった人は、いずれ、強度の近視になるわけです。

このように、遠視と近視は双方で関係しあって、視力を生み出しますので、近視の症状が現れなかったからと言って、視力が近視化しなかったのではないと考えるべきでしょう。遠視が十分に強かったために、近視の症状が現れなかったのです。この結果、成人してからの屈折状態が近視であるか遠視であるかは、生まれたときの遠視の強さと成長時の近視がどの程度強かったかによって、決められるのです。

当サイトでは、近視の予防法・治療法、子供の近視を中心にご解説しておりますので、ぜひ右側のメニューから他のコンテンツもご覧ください。



■  視力回復方法人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 近視矯正手術・レーシックとは
視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えて・・・続きを読む

★ トレーニングで近視治療
視力回復の手段として、レーシックなどの手術以外に、視力回復トレーニングもあります。しかし、眼科医の中には視力・・・続きを読む

★ 現代の子供の近視
最近、子供の近視が増えているとよく言われます。特に都会の子供の近視が多いと言われますが、これは、テレビの見すぎや、ファミコンのし過ぎ、などが原因では、とよく言われます。しかし・・続きを読む

■ 近視関連最新ニュース