えっ?!自宅で14日間トレーニングするだけで視力が0.3から1.2に!

 

■  レーシックとは



視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えているのが現状と言えるでしょう。とくにアメリカでは、年間100万人もの人が、レーシック手術を受けていると言われるほど、一般的な視力矯正方法になりました。ゴルフ選手のタイガー・ウッズや俳優のブラッド・ピットはレーシック手術を受けたとしても、有名ですが、その他、多くの有名人やスポーツ選手に、この手術が広まっております。

レーシック手術は、専門のクリニックでの外科的手術です。手術時間は両眼でおよそ15〜20分程度ですし、手術中はもちろん手術後も、ほとんど無痛であることから、入院は不要、術後には視力回復がすぐ実現するなど、非常に手軽に、しかも、喜ばれる結果を得ているのですね。日本は、世界一、近視の人が多いと言われていて、まさに、2人に一人が、近視だとのこと。視力で悩む人が多いのです。

視力が悪いと、人生、いろんな場面で大変です。その人生を、人生をより快適に充実させることができる一つの方法として、レーシックは多くの人に新しい人生を提供しました。従来であれば、視力の矯正はメガネやコンタクトレンズでしのぐしかなかったのですが、いまでは、視力矯正の方法としてレーシックを選ぶ人が増えているのはうなづけることだと思います。

ただし、レーシックも、ご希望の20%の人には、不適応との診断がくだされます。安全性を考えた場合、この点は無理をすることだけは避けましょう。では、最後に、不適応の方のケースを取り上げておきましょう。

・白内障 ・緑内障 ・円錐角膜 ・網膜疾患 ・眼ヘルペス
・弱視 ・最強度近視 ・角膜が薄い ・角膜が小さい
・糖尿病 ・精神疾患 ・膠原病などでステロイドを服用している場合
・18歳未満である場合 ・妊娠中・授乳中である場合 
・角膜内皮細胞が少ない場合

ただし、最近は、エピレーシックやラセック、フェイキックIOLという方法も開発されました。これは、最強度近視、角膜が薄い人のための視力矯正手術です。お医者様を良く選ぶこと、複数の医者の診断を頼むことなども、必要ですね。



■  視力回復方法人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 近視矯正手術・レーシックとは
視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えて・・・続きを読む

★ トレーニングで近視治療
視力回復の手段として、レーシックなどの手術以外に、視力回復トレーニングもあります。しかし、眼科医の中には視力・・・続きを読む

★ 現代の子供の近視
最近、子供の近視が増えているとよく言われます。特に都会の子供の近視が多いと言われますが、これは、テレビの見すぎや、ファミコンのし過ぎ、などが原因では、とよく言われます。しかし・・続きを読む