えっ?!自宅で14日間トレーニングするだけで視力が0.3から1.2に!

 

■  他の病気との関係@



強度の近視になると、他の目の病気を併発する恐れもあるので気をつけなければいけません。まず、飛蚊症(ひぶんしょう)があります。これは、目の中の大部分を占める透明な硝子体に混濁が生じ、蚊が飛んでいたり、糸くずが付いているように見える現象です。中年以上になると現われる場合が多く、そのほとんどが硝子体の変性によるものです。強度の近視だと若い年齢からこの混濁を見ることもあり、通常、放置していても悪くはなりませんが、まれに網膜剥離を引き起こすこともあるので注意がいります。

他に近視で生じやすいものに、網膜はく離があります。眼の網膜がはがれてくるもので、飛蚊症がひどくなったり、黒い膜が垂れて視野が狭くなり、視力低下を生じ、そのまま放置すれば失明に至ったりします。網膜に変性や裂孔が早期に見つかると、レーザーでくっつけて予防できますが、網膜がはがれてしまうと入院手術が必要となります。スポーツ選手で近視の人に起こるケースが多く、目を打ったり、目に強い衝撃を与えないように気をつける必要があります。

逆に、全身の病気が、目の病気を併発することがあります。例えば、アトピー性皮膚炎は、目の病気を生じやすいといわれています。アトピー性皮膚炎の患者が多くかかる目の病気には、白内障、網膜剥離、アレルギー性結膜炎、春季カタル、円錐角膜などがあります。なぜアトピー性皮膚炎の患者が網膜剥離になるのかは、原因はわかっていませんが、症状が増加しているようです。アトピー性皮膚炎の人は、定期的に眼科で検査することが予防につながります。

高血圧・動脈硬化・腎臓病など、全身の血管に異常をもたらす病気は、目にも症状があらわれることが多い、ともいわれます。高血圧による目の異常は、網膜の動脈が細くなり、高血圧性網膜症という病気をもたらします。逆に言えば、目の異常は、体自体の異常を知らせる赤信号とも言えるのです。



■  視力回復方法人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 近視矯正手術・レーシックとは
視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えて・・・続きを読む

★ トレーニングで近視治療
視力回復の手段として、レーシックなどの手術以外に、視力回復トレーニングもあります。しかし、眼科医の中には視力・・・続きを読む

★ 現代の子供の近視
最近、子供の近視が増えているとよく言われます。特に都会の子供の近視が多いと言われますが、これは、テレビの見すぎや、ファミコンのし過ぎ、などが原因では、とよく言われます。しかし・・続きを読む