えっ?!自宅で14日間トレーニングするだけで視力が0.3から1.2に!

 

■  コンタクトレンズの役割



コンタクトレンズの役割は「屈折異常の矯正」です。つまり、近視の矯正、と思われるかもしれませんが、屈折異常には近視ももちろん含まれますが、その他に遠視や乱視があります。この場合、老眼は少し別のものと考えます。目は、カメラと同じような構造をしていて、外からの光をレンズである水晶体などで屈折させて網膜にピントをあわせる仕組みになっています。

正常に焦点が結べたならば正視ですが、そうでない場合には屈折異常を起こしていると考えられます。この屈折異常の種類について、改めて考察してみると、

○近視=光が網膜の前でピントを結んでしまうため、遠くのものがぼやけて見える状態のことです。眼軸が長いという遺伝的な要因のこともありますが、一般的には屈折性近視のことが多いです。凹レンズで矯正します。

○遠視=近視と比較して逆で、光が網膜の後ろでピントを結んでしまうため、調節しないと遠くも近くもぼやけて見えてしまう状態のことです。調節力があるうちは、水晶体の厚さを調節できるのですが、調節力がなくなると遠視が顕在化します。凸レンズで矯正します。

○乱視=角膜などが正常な球面をしていないため、網膜に焦点が結べずに近くも遠くも見えにくくなることです。乱視にも種類があり、光の屈折の大きさの角度によって分かれます。これにより調整が難しくなります。

○老視=加齢とともに水晶体の調節力が低下し、近くのものがぼやけて見えにくくなります。近くのものを見るときだけ、凸レンズで矯正します。近視の人はメガネをはずせば近くのものが見えるため、凸レンズを必要としないことがあります。

これらの中では、やはりコンタクトレンズは、近視の矯正に用いられることが多い、ということになります。



■  視力回復方法人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 近視矯正手術・レーシックとは
視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えて・・・続きを読む

★ トレーニングで近視治療
視力回復の手段として、レーシックなどの手術以外に、視力回復トレーニングもあります。しかし、眼科医の中には視力・・・続きを読む

★ 現代の子供の近視
最近、子供の近視が増えているとよく言われます。特に都会の子供の近視が多いと言われますが、これは、テレビの見すぎや、ファミコンのし過ぎ、などが原因では、とよく言われます。しかし・・続きを読む